らぼぉぐ 明日の食業を拓く

事業紹介・販売

生産


人を良くする食業 世の中には機能性の高い食材があります。
冬虫夏草や高麗人参などが有名ですが、ともに生産が非常に難しく高価であることなどの共通点があります。
実はハナビラタケもこのような機能性食材の一つとして認識されているのです。
実際に、標高1000メートルを超える恵まれた自然環境の中でしか生育できません。
生育には通常のキノコの3倍以上である4ヶ月近くかかるため、他の菌に侵され成長できないケースが多いのです。
そこでハナビラタケが選択したのは、他の菌が生育できない環境で栄養体に寄生し成長することでした。
それがマツなどの針葉樹林帯だったのです。
当然、他のキノコと同じく広葉樹でも育ちますが、そこは環境の良い場所で、成長の速い菌に場所を取られ、栄養を受け取れないのです。
針葉樹には自らを守るため、表皮にはリグニンと呼ばれる毒性ポリフェノールが多く存在します。
普通のキノコはそれら毒素が分解できないため、基本的には生育できないのです。
そして梅雨後に毒素が流れて殺菌された場所に、ハナビラタケは根をつけ、あえて夏という時期に成長する非常に珍しいキノコなのです。

また、成長の過程で異常な程、酸素を消費すること、それにより針葉樹の毒を分解し、自らのみが生育できる環境をつくる特殊性が、機能性成分に関与していると考えられます。
ハナビラタケは「腐朽菌」といわれますが、結果的に針葉樹の毒に勝ち、寄生することで強力に養分を吸い取り腐朽させるのです。
当社では、自然環境で生育するハナビラタケが、機能性面で非常に優れていることを様々な研究により認識しております。
自然のハナビラタケはβグルカン以外の有効成分が多いということも事実なのです。
この有効成分が実はポイントなのです。

山梨県の南部、身延山の近くで目の前には富士川が悠然と流れ、施設の横では滝が流れ、緑が豊かな素晴らしい環境で近代的植物工場を立ち上げ、ハナビラタケを生産しています。
綺麗な空気と水という環境が無ければ、元気に育たない神経質で気難しいキノコなのです。

当社のハナビラタケ生産方法は他社と異なり、天然に近い子実体の生産を目指しています。
他社のハナビラタケでは、免疫活性成分として知られる「β1-3Dグルカン」の含有量を最大限に設定しているため、βグルカンでは乾燥物で50%以上のものが殆どです。
当社のハナビラタケは逆にβグルカンの含有量を極力抑え、細胞質有効成分を最大限に設定するため、βグルカンでは乾燥物で40%以下に抑えています。
βグルカンの含有量を上げること、下げることのコントロールを可能とし、あえてその方式を選択していることには、大きな理由があります。
それが科学的根拠の意味するところであり、学校法人東京女子医科大学、国立研究開発法人産業技術総合研究所と共に共同研究を行っている内容なのです。

この時間をかけて成長する当社ハナビラタケが皆様のお手元に届くまでには、様々な過程を経ています。
当社ハナビラタケは天然環境と近い栄養分を与えゆっくり育てており、出荷するまでに長い時間を要します。
この長い間、しっかりと順調に育ったハナビラタケのみを、皆様にお届けしています。



収穫後の培地には、まだハナビラタケの菌が残っていますが、そのままで自然に返すと自然体系を崩してしまう懸念があるため、CSR(企業の社会的責任)の一環として地元の衛生組合とパートナーシップを締結し、エコ肥料として加工再利用できる取り組みを実施しています。
肥料は地元の農家の方々に提供され、「地産・地消」の好循環を保っています。


試験・研究

インタートレードヘルスケア事業ご紹介

R&D

ハナビラタケは2002年頃から人工栽培が開始され、近年では、他キノコと同様に安定的に大量生産する技術が確立されています。
また、ハナビラタケの機能性についてもあらゆる研究が実施され、学会や学術論文などを通じて報告されています。
ただしハナビラタケの生産技術や機能性研究には、その「質」や「量」共に未開拓な部分があることも事実です。
当社はハナビラタケの更なる付加価値を探求するため、独自の試験・研究方針として、具体的には以下のカテゴライズに沿って取り組んでいます。



これらカテゴリーに対する当社の具体的取り組み状況は以下の通りとなります。

3カテゴリーの中でも、特に「安心・安全」は食品を販売の上では最低限の必須事項と考えており、当社生産ハナビラタケに対して以下の調査・分析を実施しています。





ハナビラタケはとてもデリケートで、栽培が困難なキノコと言われます。
そのため、国内における人工栽培量も未だ限定的で、安定供給力や流通量に限りがあるのが実情です。
当社の目標は、より広い方々へハナビラタケを知っていただき、健康維持のため取り入れていただくこととしています。
そのためには安定的な供給の実現、及び生産量の拡大と、さらに服用を簡単にするサプリメントまでの開発が必要になるのです。
技術支援として創業初期より米山 誠 農学博士を顧問に迎え、生産方法や研究活動を行っています。



サプリメント業界における新たな取り組みとして、当社生産ハナビラタケ(LB-Scr種)を主原料とした医薬品と同等基準でのヒト臨床試験を実施しました。
これまで健康食品における科学的根拠の確立は、主に基礎実験等が主でした。
しかしながら、最終的にヒトが経口摂取した上での機能性や有害事象を検証しなくては明確な機能性や安全性を証明できません。
これらを証明する上で、ヒト臨床試験が必要であり、そのものの信頼性担保、即ち「質」にウェイトを置く必要がありました。
当社が実施した具体的なヒト臨床試験内容、及び結果概要につきましては、以下をご参照ください。






ページの先頭へ

オリジナル商品企画・開発

自社生産ハナビラタケを用いて、原材料「LB-Scr」の開発、及びLB-Scrを用いた各種オリジナルサプリメントを企画・開発しています。
これら原材料やサプリメントは、主に当社親会社である株式会社インタートレード ヘルスケア事業本部および同子会社で販売を担当する株式会社 健康プラザパル社へ供給しています。
販売代理店をご希望のお客様、並びに質の高いハナビラタケ原材料をお探しのメーカー様に置かれましては、健康プラザパル社までお問い合わせくださいませ。



当社商品の販売は同インタートレードグループの健康プラザパルが担当しております。ご要望のお客様に置かれましては、同社運営の直販サイト「健康いいものOnline」、または上記のお電話番号までお問い合わせください。












当社商品の販売は同インタートレードグループの健康プラザパルが担当しております。ご要望のお客様に置かれましては、同社運営の直販サイト「健康いいものOnline」、または上記のお電話番号までお問い合わせください。






ページの先頭へ





はなびらたけ粒LB-Scr
ページの先頭へ




ページの先頭へ
※ 受注生産品 ※
【WebSite】40歳から飲むサプリ
ページの先頭へ
※ 受注生産品 ※





βeauty Glucan Drink
ページの先頭へ